エム・ディメンションの構造

◆基礎

べた基礎は立ち上がりだけでなく底面全体を鉄筋コンクリートで覆うため、面で建物が均等に支えられることにより、不同沈下に対する耐性の向上が期待されます。布基礎に比べて 、べた基礎は地面との接地面積が広いので、上部(=建物)荷重を分散し、接地圧を低減する効果があります。

べた基礎イメージ
基礎画像

◆プレカット集成材

プレカット加工により、軸組材をそのまま用いて上棟できるので、大幅な工期の短縮・建築費の削減につながります。また機械加工による高精度の継ぎ手・仕口加工により安定した軸組が組めます。

プレカット集成材イメージ1
プレカット集成材イメージ2

◆シックスキューブ工法

従来の筋かいに加えて、外壁と床・天井に構造用パネルをしっかりと固定した「6面体構造」で地震の大きな横揺れを面で支えて建物を損壊や倒壊から守ります。

シックスキューブ工法イメージ
line
お問い合わせはこちらから

トップへ戻る